MENU

石鹸派?洗顔フォーム派?その効果の違いは?

アクポレス,ニキビ,洗顔

 

 

洗顔には「洗顔フォーム」と「洗顔せっけん」があります。この違いは、配合されている成分によって分けられるのですが、その成分とはズバリ「界面活性剤」というものです!ご存知でしたか?

 

簡単にいうと、水と油の境界面を混ぜて乳化し、油汚れを取る洗剤のことです。洗顔には固形タイプやクリーム、ジェル、パウダー、半練り、リキッドなど色々な形状があるんですが、固形だからせっけん、そうじゃないからフォームというわけではないんですよね。

 

 

「美肌への近道は洗顔から」とは、美容賢者の間ではもはや定説ですが、ようは自分に合った洗顔料を見つけることは、とっても大切なことなんです!今回はその2つの効果の違いについてまとめてみました。

 

 

 

手軽で安価な洗顔フォーム派

 

アクポレス,ニキビ,洗顔

 

 

洗顔フォームは泡立ちが良いため、たっぷりの泡でお肌を包み込むように洗えるのが最高に気持ちよくていいですよね!また、洗い上がりのツッパリ感が少ないのも特徴です。これは、洗顔フォームには保湿成分が配合されているものが多いからで、各メーカーによってさまざまな保湿成分を入れています。

 

 

おススメは、天然保湿成分や敏感肌でも使えるミツロウやグリセリンなどを配合した、肌に優しく泡立ちもまあまあ良い洗顔フォームです。洗顔フォームのほとんどには、先にお伝えした「界面活性剤」が配合されていますが、最近では肌に悪影響を及ぼす「石油系界面活性剤」ではないものが多いようです。

 

 

簡単でお手頃価格なものが多く、洗浄力も高い洗顔フォームは、愛用者がいっぱい!家族みんなで同じ洗顔料が使えれば、忙しいママさんにとっても嬉しいアイテムですね♪

 

 

 

こだわり屋の愛用者が多い洗顔石鹸派

 

アクポレス,ニキビ,洗顔

 

 

洗顔せっけんの一番の魅力は、天然成分を中心に作られていることです。ケミカルなものが排除されているので、敏感肌の方でも安心して使えるのが特徴です。そして、洗顔せっけんで顔を洗うと、お肌が持っている本来の力を取り戻したかのように細胞が活性化され、お肌の内側から生き生きしてくるのを実感する人もいます!

 

これは、洗い上がりの肌が「アルカリ性に傾くから」なんですよ!

 

 

テレビCMなどでよく聞く「弱酸性」という洗顔、これは洗い上がりのツッパリ感が少なく、しっとりスベスベの手触りですが、長期間使い続けると肌が弱くなってしまうこともあるんです!肌は本来「弱酸性」なので、これをあえて「アルカリ性」に傾かせることで、お肌が持っている機能を呼び覚まし、強く自立させる必要があるんです。

 

 

香りに関しても、合成香料などを使わず自然の香りを生かしているものが多く、ヘルシー&ナチュラル志向の方にはおススメの洗顔料になります!

 

 

一口に洗顔といっても、なかなか奥深いものがありますよね!人間は、無意識の力で肌を潤したり補ったりしますが、汚れを落とすことだけは無意識ではできません。だからこそ、洗顔はとても大切なんですね!

 

 

 

 

このページの先頭へ